トップ > 学会を知りたい方へ > 学会の目的・組織

学会の目的・組織

公益社団法人日本語教育学会は、日本語を第一言語としない者に対する日本語教育の研究促進と振興を図り、もって我が国の教育・学術の発展並びに我が国と諸外国との相互理解及び学術の交流に寄与することを目的としています。

このような目的を達成するために次の事業を行っています。

  • 日本語教育の学術研究を牽引し、研究者を育成する。
  • 日本語教育の実践の創造と深化を共有し、実践者の育成を図って、学習環境を整備する。
  • 日本語でコミュニケーションと相互理解を深め、人生を豊かにする。
  • 日本語でともに生きる豊かな社会を創造する。

詳しくは「学会の事業」をご覧ください。

学会の使命: 人をつなぎ、社会をつくる

目指す学会像: 共に集い、行動する学会

  • 日本語教育に関心のある人の研鑽の場として、情報や意見を自由に交換できる学会をめざす。
  • 日本語教育の課題を解決するために行動する、社会的影響力のある学会となることをめざす。

ロゴ

学会のロゴマークは、紅白の「水引」がモチーフです。複数の「こより」が束ねられ循環する形は、「共に集い、行動する学会」をイメージしたものです。また、5弁の花は、多様なことばと文化を有する5大陸の「人をつなぎ、社会をつくる」 という学会の使命を表しています。

日本語教育学会は、公益社団法人として次のような組織から成っています

  • ●すべての代議員をもって構成する代議員総会
  • ●学会の主な事項を決め,執行する理事会
  • ●学会の日常業務や総会議決事項を処理する常任理事会
  • ●理時の職務の執行を監査する監事
  • ●会長の相談,理事会から諮問された事項について参考意見を述べる相談役(任意機関)
  • ●学会の諸活動を分掌する委員会
  • ●学会の事務を処理する事務局

※学会の役員として,理事(20名,会長(代表理事)1名,副会長(業務執行理事)3名,常任理事5名含む),監事(2名),代議員(40名)が置かれています。(理事・監事名簿代議員名簿

日本語教育学会に設置されている委員会は、次のとおりです(2015年7月1日現在)

  • ■常置委員会: ●大会委員会 ●学会誌委員会 ●研究集会委員会 ●教師研修委員会 ●調査研究推進委員会 ●広報委員会 ●テーマ研究会委員会 ●学会連携委員会 ●国際連携委員会 ●チャレンジ支援委員会 ●支部活動委員会 ●社会啓発委員会
  • ■特別委員会: ●情報基盤整備委員会 ●日本語教育能力検定試験認定事業委員会 ●学会賞・奨励賞候補者選考委員会(委員会名簿