トップ > 学会誌事業

学会誌事業

学会誌事業 日本語教育の学術研究を担う中心的な事業として、学会誌『日本語教育』の刊行を行い、研究の質的維持をめざします。また時代の変化や多様なニーズに対応するため電子化を進め、研究成果の普及をめざします。具体的には、学会誌『日本語教育電子版』の刊行、学会誌『日本語教育』のアーカイブ化、学会ウェブサイトのコンテンツ作成を行います。

主な事業内容は以下の通りです。

(1)学会誌『日本語教育 電子版』の刊行

●2017年4月号から、学会ウェブサイト「マイページ」を通じて、学会誌『日本語教育 電子版』を刊行します(年3回)。

●特集論文、研究論文、調査報告、実践報告、研究ノートの本文を掲載します。

●非会員には有料で、号単位、論文単位でのダウンロード制を導入します。

●論文要旨(日英版)は新刊の分も含めて無料で公開します。

●特集論文関連電子コンテンツを公開します。

●電子化した後も、印刷製本された冊子を希望する読者に対応するため、冊子を限定部数印刷し委託販売します。

(2)学会誌『日本語教育』のアーカイブ化

 刊行後2年が経過した過去の論文(バックナンバー)をPDF化して総合電子ジャーナルプラットフォームJ-Stageで無料公開します。

●リンク

学会誌委員会設置運営規程

学会誌『日本語教育』

投稿規程・FAQ