日曜つながる広場(大会参加者用)

<実践でつながる広場>(略称<実践広場>) (8月19日(日)10:00-15:00)

●「教材・リソース,私が実演します」(略称「実演」)全学教育棟3階S30教室) pdfプログラムはこちら)

●「教材・リソース,私が作って使いました」(略称「作使(つくつか)」全学教育棟3階C36教室)

日本語教育の現場では,日々新しい実践が行われ,そのために必要な紙媒体の教材,コーパス,データベース,学習環境システムなどの開発が行われています。 <実践でつながる広場>は,そのような多種多様な教材やリソースを作成者,開発者自身が展示・紹介するスペースです。 次の二つの形態があります。
(A)階段式大教室でプレゼンテーションを行う「教材・リソース,私が実演します」
(B)中教室で直接リソースを手にとりながら話し合える「教材・リソース,私が作って使いました」

実践でつながる広場
<実践でつながる広場>の会場の収容人数は,すでに募集要項でお知らせしていますが,以下の通りです。展示会場で資料を配付される際の参考にしてください。
(A)「教材・リソース,私が実演します(実演)」 会場:S30・収容人数270名
(B)「教材・リソース,私が作って使いました(作使)」 会場:C36(着席時の収容人数50名ですが,展示時は机・椅子を撤去し,部屋を3つに分けて使用します)
ただし,同時間帯に並行して他の発表,イベントも開催されています(パネルセッション11会場,口頭発表24会場,他)のでご注意ください。

・参考:(受付は5月10日で締切りました)」 pdf 「<実践でつながる広場>展示・紹介募集のお知らせ

<教材でつながる広場>(略称<教材広場>) (8月19日(日)10:00-14:45)

●「著者に聞く!」全学教育棟1階学生ホール)  pdfプログラムはこちら)

私たちが日頃手にする市販の日本語の教材にはさまざまなものがあります。それぞれどのようなねらいで,どのような思いを込めて作られたのでしょうか。 <教材でつながる広場>は,教材の著者の方々から直接お話を聞く貴重な機会を提供する広場です。「地域」「専門」「海外」「養成」といったテーマの教材を,2つのブースで紹介します。 著者を囲み,間近でお話を聞けるほか,同じ教材を使っている人と情報交換のチャンスがあるかもしれません。教材の選び方,使い方の新たな視点を見つけてみませんか。

著者に聞く!
【教材名一覧】: 『みんなの日本語初級TU本冊』スリーエーネットワーク)/ 『みんなの日本語中級TU本冊』スリーエーネットワーク)/ 『日本語単語スピードマスター』Jリサーチ出版)/ 『どんどん使える!日本語文型トレーニング【初級】【中級】』凡人社)/ 『WEEKLY J book1 日本語で話す6週間』凡人社)/ 『英語圏版マンガ『坊っちゃん』』ゆまに書房)/ 『日本語教師のための多読授業入門』アスク出版)/ 『にほんご会話上手!聞き上手・話し上手になるコミュニケーションのコツ15』アスク出版)/ 『にほんごこれだけ!』ココ出版)/ 『イラストでわかる日本語表現 中級』国書刊行会)/ 『上級へのとびら:コンテンツとマルチメディアで学ぶ日本語』くろしお出版)/ 『NEJ:A New Approach to Elementary Japanese [vol.1]テーマで学ぶ基礎日本語』くろしお出版)/ 『新・中級から上級への日本語』ジャパンタイムズ)/ 『中上級のにほんご』創作集団にほんご)/ 『日本語能力試験レベルアップトレーニング』アルク)/ 『できる日本語』アルク

<研究でつながる広場>(略称<研究広場>) (8月19日(日)10:00-17:00)

発表を聞きながら「同じような研究をやっているのでぜひ意見交換をしたい」とか「この人と一緒に研究してみたい」と思ったことはありませんか。 そんな思いを持った人たちが意見交換をしたり情報を共有したり研究プロジェクトについて考えたりできるスペースとして, 「研究情報交流ブース」「意見交換・情報共有スペース」を設けます。 ぜひお気軽にこの広場に集い,語り合ってください。

●研究情報交流ブース全学教育棟1階C12教室)

研究情報交流ブース
 日本語教育分野の調査研究に関する情報を会員に広く伝え,手助けする目的で設置された「調査研究推進委員会」が,ブースを開設します。
 ・過去に採択された科研費研究課題一覧,科研費採択の関連データを閲覧したい方
 ・研究資金補助金や研究に役立つサイトなどの関連情報を知りたい方
 ・科研費にトライしてみたいが,初めてなのでアドバイスがほしい方
 ・海外の研究者との共同研究で補助金を取るための情報が知りたい方
のご相談・ご質問に,委員が対応します。その場で答えられなかったことは持ち帰って検討し,個別にフィードバックします。
 委員が常駐する時間帯は,10:00-12:00と13:00-15:00です。その他は資料(なくなり次第終了)のみ置きます。

●意見交換・情報共有スペース全学教育棟1階C12,2階C22,3階C32教室, IB電子情報館1階廊下スペース)
pdfプログラムはこちら)

意見交換・情報共有スペース
 共同研究者を募集したい人や同じ研究領域の人と意見交換・情報共有したい人が,少人数で話し合えるスペースです。 たとえば発表が終わったとき,
 「今発表したプロジェクトの共同研究者を募集しています。意見交換・情報共有スペースで1時から説明を行いますので,ぜひお越しください。」
などと来場者にアナウンスすることができます。
※<研究でつながる広場>は,日本語教育学会調査研究推進委員会との共同企画です。

・参考:(受付は7月31日で締切りました)」 pdf「利用申込みのお知らせ」(pdf)pdf「利用申込み用紙」(doc)

このページのトップへ戻る