トップ > 学会誌・刊行物 > 学会誌『日本語教育』 > 既刊の掲載論文および著者名一覧 1〜10号

既刊の掲載論文および著者名一覧 1〜10号

1号(1962.12)
〔論文〕 機関誌「日本語教育」発刊の意義 釘本久春
〔創立総会記念講演〕 創立総会祝辞  
英語教育と日本語教育 小川芳男
英語国民に対する日本語教育 長沼直兄
私はこういうふうに日本語を学んだ E.Kleinjans
話しことばの文型 宮地裕
〔随想〕 日本語教育とわたし 石黒修
山がら先生物語 上甲幹一
隣の窓から 星山三郎
daとdesu 奥津敬一郎
日本語教育問題点の討議 研究委員会
このページのトップへ
2号(1963.3)
〔論文〕 外国語教育に於ける文型練習の意義 黒田巍
発音の指導と問題点−タイ語国民を中心に− 鈴木忍
中国語と日本語教育 林米子
外国人に対する漢字教育 西田直敏
日本語教育における基礎学習語 加藤彰彦
日外辞書論 石垣幸雄
〔随想〕 日本語教師と外国人生徒 釘本久春
このページのトップへ
3号(1963.10)
〔論文〕 発音から見た日本語 金田一春彦
朝鮮人の日本語音認知に於ける難易度の測定について 山田幸宏
「ナニ」と「ナン」についての覚え書 阪田雪子
「〜て」(-te form)について−いわゆる理由を表す接続形− 池尾スミ
日本語の疑問名詞とその周辺−朝日新聞1か月分を調査して− 今田滋子
このページのトップへ
4・5号(1964.12)
〔論文〕 言語テストの種類と作り方 輿水実
実例からみた日本語の試験問題−出題意図と形式による分類− 編集委員会
日本語教育における基礎学習語(続) 加藤彰彦
条件の表し方 北條淳子
このページのトップへ
6号(1965.3)
〔論文〕 外国語としての日本語の問題点 阪倉篤義
「ダ」による述部代用化−展成文法への試み 奥津敬一郎
「象は鼻が長い」をめぐるtransformation 今田滋子
日本語教育のあり方(抄) 文部省調査局
このページのトップへ
7号(1965.9) 〔特集〕「は」と「が」
〔論文〕 欧米人の「は」「が」観−ロドリゲスからチャムブレンまで− 松村明
「は」と「が」の研究法 三上章
文章における「が」と「は」の機能 永野賢
実践面における「が」と「は」 浅野鶴子
「は」と「が」の使い分けについて 金田一春彦
教室からの提案 木村宗男
中国語と日本語−中国語と日本語の漢字は同じではない− 富田隆行
イタリアからの便り フォルキ=ヴィチ 忠子
このページのトップへ
8号(1966.3)
〔論文〕 受ける格助詞と用言の性格 白石大二
日本語動詞の形態から動詞の種類を判断する方法論−初心者指導のために− 英紹唐
「は」と「が」の機能・相違について 尾野秀一
中国人が学ぶ日本語 陳東達
〔学生作文〕 ボンから 狼玩具・軍鶏似
残念でした オラサー
このページのトップへ
9号(1966.12)
〔論文〕 「マデ」「マデニ」「カラ」−順序助詞を中心として− 奥津敬一郎
日本語教育における語学ラボラトリーの使用法に関する考察−国際基督教大学日本語科における使用報告− 石田敏子
LL教材に関する二,三の試み 浅野百合子
このページのトップへ
10号(1967.11)
〔論文〕 漢字語いの理解について 武部良明
「…とみえて」「…だけあって」−二つの表現の型をめぐって− 池尾スミ
米国における日本語教育 四倉早葉
州立ワシントン大学の日本語集中講座 松田摩耶子
一つの提案 大坪一夫