トップ > 大会・研究発表会 > 実践研究フォーラム報告

実践研究フォーラム報告

WEB版『日本語教育 実践研究フォーラム報告』

『日本語教育 実践研究フォーラム報告』刊行によせて

研究集会委員会(関東地区)では,会員研修と実践研究発表会「私の工夫,私の失敗」を2004年度より統合し,「実践研究フォーラム」(以下,フォーラム)として開催してきました。
このフォーラムは,日本語教育に関わる方々が,発表や議論などを通じて日々の実践を共有し,よりよい次の実践に向けて考える場として位置づけられています。そのため,できるだけ多くの方々に参加していただくこと,活発かつ有意義な議論を展開すること,実践と研究を結ぶ循環を形成することを目標としてきました。これらの目標を達成するにあたり,フォーラムを一時的な発表や議論の場に終わらせるのではなく,公開することによって国内外の多くの方々と情報を共有し,さらなる実践への発展を目指すことが重要であると考えています。単に研究や実践内容を公開するのではなく,一度発表という過程を経ることで,そこには多くの気づきや客観性が生まれることでしょう。
このWEB版『日本語教育 実践研究フォーラム報告』は,フォーラムの発表者が,ご自身の実践研究に当日の参加者のみなさんとのやりとりを通して新たに得られた知見等を加えたものを,「報告」という形で公開するものです。これは,当日会場にお見えにならなかった方々にとりましても,一方的な情報提供を超えた意味があるものと思われます。
既に,WEB版『日本語教育 実践研究フォーラム報告』は2005年からの蓄積が,以下にてご覧いただくことができます。この報告を通じて実践研究の循環がさらに活発になることを期待します。

 

2013年12月20日
日本語教育学会研究集会委員会 関東地区代表
(実践研究フォーラム実行委員会 委員長)
村澤 慶昭



発表年度 氏名 タイトル 発表形態

NEW

2013

柏木明子

海外で取り入れる音声の指導

―あるアメリカの大学での取り組み―

対話型セッション

NEW

2013

正宗鈴香 ライティング支援の形を考える ―教師と支援者の役割分担― 対話型セッション

NEW

2013

工藤節子 日本語学習者が母語である中国語の学習支援をする教育実習 ―支援者としての学びと課題― 対話型セッション

NEW

2013

ドイル綾子
大森優
秋田美帆
日本語学習者の「書く」プロセスにおいてライティング・センターが果たす役割とは何か 対話型セッション

NEW

2013

瀬尾匡輝 ポストメソッド時代における教師研修 ―香港の大学院での「日本語教育」コースを事例として― 対話型セッション

NEW

2013

杉本美穂
山本智子
小松知佳
教室文脈を活用した授業実践 ポスターセッション

NEW

2013

萩原秀樹 生と死の日本語 ―死を通して生を考える,いのちの日本語教育― ポスターセッション

NEW

2013

印道緑 日本事情的授業における「読解」のための教室活動 ―ブレインストーミング的グループワークを用いて― ポスターセッション

NEW

2013

惟任将彦 演劇授業の可能性 ―『ドラマチック日本語コミュニケーション』を使って― ポスターセッション

NEW

2013

中井陽子
鈴木孝恵
レポート作成と口頭発表を連携させたクラスにおける学習活動と学習項目の分析 −留学生に対する予備教育を例に− ポスターセッション

NEW

2013

山口 惠子
尾崎 和香子
総合的な日本語運用力の向上を目指して ―ディクトグロスの試み― ポスターセッション

NEW

2013

向山陽子
村野節子
真正性を追求したビジネス日本語教育の実践 ―学生起業家選手権参加を通した学生の学び― ポスターセッション

NEW

2013

堀井惠子
種村政男
ビジネス日本語教育におけるシニアサポーターの役割 ―PBL授業実践から― ポスターセッション

NEW

2013

池田広子
島田徳子
ビジネス読解授業におけるCan-doによる目標設定とその実践の評価 ポスターセッション

NEW

2013

樋口尊子
浦志美奈子
渡辺菜美
地域日本語教室における1回1トピック型クラスの実践 ポスターセッション

NEW

2013

栗又由利子
世良時子
神山英子
松浦真理子
「やさしい日本語地域ニュース」の発信とその活用 ―多文化共生環境を目指す試みとして― ポスターセッション

NEW

2013

江原美恵子
安田励子
井口翔子
日本語初級クラスにおける学習者の漢字自立学習を促す活動実践 ―漢字を学習項目として扱わないクラスのケースで― ポスターセッション

NEW

2013

労軼?
岩崎浩与司
齋藤里衣子
松浦恵子
非母語話者同士の学びを支える実践 ―韓国・中国・スウェーデンをつなぐ遠隔交流の試み― ポスターセッション

NEW

2013

阿部祐子 学習者オートノミーの育成 ―「映像で学ぶ日本語」の授業実践からの考察― ポスターセッション

NEW

2013

武一美
田中敦子
福池秋水
学習者はどのようにしてレポート・コメント活動への参加態度を決めたのか ―学習者へのインタビューから見えてきたこと― ポスターセッション

NEW

2013

尾関史
宮崎七湖
始めよう!実践研究 特別企画セッション

NEW

2013

西川寛之
岩田夏穂
伝えよう!実践研究 特別企画セッション

2013

奥田純子

俵山雄司

齋藤ひろみ

古屋憲章

実践研究のリフレクション—実践研究フォーラムの10年と実践研究の今後—

■パネル趣旨PPT資料

■日本語学校教育研究大会と実践研究

■日本語教育方法研究会と実践研究

■実践持ち寄り会と実践研究 −その活動と私の(?)信条−

■実践研究フォーラムの10年と実践研究

パネルセッション

2012

齊藤真美
角南北斗
中川健司
中村英三
布尾勝一郎

「介護福祉士国家試験の専門用語・語彙、漢字学習の方法を考える」について発表会場で参加者に本報告のための協力を依頼しましたが,発表者の都合により投稿されませんでした。ご協力いただきました参加者のみなさまにお詫び申し上げます。なお,当日習得したデータ等は,発表者の責任において全て破棄しております。

体験型セッション

2012

牛窪隆太
梅津聖子
江原美恵子
古賀和恵
山本実佳
既定カリキュラム内における実践研究と教師の同僚性 対話型セッション

2012

瀬尾匡輝
米本和弘
青山玲二郎
山口悠希子
海外におけるインターネットを使った勉強会の可能性
―USTREAMとGoogle+を用いた他地域との連携の試み―
対話型セッション

2012

梅村弥生 在中国日系企業における中国人社員と日本人社員による協働的学習の実践
―相互理解の構築をめざして―
対話型セッション

2012

ノ田直美
森本郁代
大学留学生対象の話し合いトレーニングプログラムの開発 体験型セッション

2012

幸田佳子
石井陽子
教師主導型から活動型授業への改善の考察
―脱タスクを目指して―
対話型セッション

2012

齋藤智美
古賀裕基
文脈が積み上がる学習環境デザイン
―オンラインと教室で相互作用する「日本語かきこ」―
対話型セッション

2012

田村綾子 文化体験を日本語学習に繋げるために 対話型セッション

2012

鈴木祐一 ラウドスピーカー
―英語教育におけるシャドーイング教室活動を日本語教育へ応用する―
ポスターセッション

2012

関かおる
酒井祥子
多田苗美
生教材を使った発話を促す授業
―ビジネス語彙・表現の習得を目指して―
ポスターセッション

2012

金庭久美子
丸山千歌
コミュニケーション重視の読解教育
―読む・話す活動の統合とその効果―
ポスターセッション

2012

當銘美菜 「実践研究とは何か」という問いと「この私」という答え ポスターセッション

2012

池田朋子
生路茂太
教師不在の学習の「場」が学習者の主体性に及ぼす影響
―「スクラム」を応用したグループ学習による日本語能力試験対策の試み―
ポスターセッション

2012

印道緑 日本事情的授業における多文化理解のための教室活動
―ブレインストーミングの手法を用いて―
ポスターセッション

2012

尹郁子
越山泰子
飯島有美子
初級レベル学習者のための「防災・文化学習」の体験型短期留学プログラムの試み
―日本人学生との協働を通してのハイインパクト・プラクティス実践―
ポスターセッション

2012

田崎敦子
小熊貞子
上原真知子
中川和枝
初級日本語クラスにおける会話活動の体系化のプロセス
―実践と研究の連携を通して―
ポスターセッション

2012

デロワ中村弥生
里見文
鈴木かおり
学習者参加型 e-learning システム日本語教材構築の試み ポスターセッション

2012

寅丸真澄
中井陽子
大場美和子
会話データ分析を行う実践研究論文の社会的意義への言及の考察
―学会誌『日本語教育』掲載の実践研究論文の分析をもとに―
ポスターセッション
2011

奥田純子
才田いずみ
細川英雄
堀井恵子
菅生早千江
高木美嘉
古屋憲章

実践・研究・実践研究を問い直す
―日本語教育における実践研究のこれまでとこれから―
パネル趣旨PPT資料

第一部:実践研究フォーラム委員からの調査報告 ■PPT資料

第二部「日本語教育における実践研究とは何か」 ・日本語学校における実践研究―『実践研究の手引き』刊行をめぐって―(奥田)■PPT資料

 

・実践研究の工夫と失敗(才田)
■PPT資料

 

・「実践研究フォーラム」の立ち上げをめぐって―実践研究は何をめざすか―(細川) ■PPT資料

実践フォーラムの「今とこれから」(堀井) ■PPT資料

 

第三部:意見交換・まとめ

パネルセッション

2011

小澤伊久美
坪根由香里

嶽肩志江

PAC分析法における統計処理の留意点 ―よりよい実施とデータ解釈のために―

ラウンドテーブル
2011 八木真奈美

地域日本語教育をどのように記述するか ―他者を理解する質的方法―

ラウンドテーブル
2011

川嶋恵子

熊野七絵

アニメ・マンガの日本語授業への活用

ラウンドテーブル
2011

鈴木理子

齋藤伸子

辞書検索活動から課題遂行能力の向上を考える ―iPod touchを用いた初級漢字クラスを例に―

ラウンドテーブル
2011 神村初美

大学院での専門日本語教育における日本人学生と留学生との協働学習の試み ―ピア活動観察の視点から―

ラウンドテーブル
2011 原田三千代

大学院進学予備教育における協働学習に対する認識の変化 ―中国人留学生に対するPAC分析より

ラウンドテーブル
2011

江森悦子

佐藤正則

カリキュラム更新における教師間の協働 ―協働的に学び合う授業デザインの実践に向けて―

ラウンドテーブル
2011

白川繁子

犬飼康弘

可変的シラバスを用いた日本語教育の可能性 ―短期集中コースの実践例より―

ラウンドテーブル
2011

渡部真由美

田中真寿美

日本語ボランティア対象のセミナーにおける自己研修力を高めるための内省活動

ラウンドテーブル
2011

遠藤藍子
小熊貞子

田仲正江

「内省ロジックモデル」に拠る教師の振り返り活動における学習者評価の効果 ―学習者のフィードバックは教師の内省をどう深めたか―

ポスターセッション
2011 山内 薫

在仏日本語学習者は自らの日本語学習・使用環境をどのように体験しているか ―ある学習者へのライフストーリー・インタビューを通して―

ポスターセッション
2011 櫻井直子

「CEFR(言語のための欧州共通参照枠)Bレベルの言語活動・能力を考えるプロジェクト」における連携とその成果

ポスターセッション
2011 里見文

ポートフォリオを利用した語彙学習の実践報告 ―フランスにおける学部1年次既習者クラス―

ポスターセッション
2011

黒田史彦
古賀和恵
坂田麗子
武一美
古屋憲章
ノ田直美
相浦裕希
山本由紀子

横山愛子

「日本語学習ポートフォリオ(試作版)」の運用および使用実態 ―自律的日本語学習が可能な環境の整備に向けて―

ポスターセッション
2011

宇津木奈美子
三輪充子

山口優希子

母語を活用した子どもの学習支援における日本人支援者の役割認識

ポスターセッション
2011

向山陽子
村野節子

山辺真理子

留学生のためのロールプレイで学ぶビジネス日本語教材の開発

ポスターセッション
2011 半田佳奈子

ビジネス日本語コースにおけるプロセス・シラバスの実践 ―シラバス作成への学習者の参加を考える―

ポスターセッション
2010 新井久容
船山久美
武一美
教室内に自律的コミュニケーションを構築するために
―クラス参加者間のインターアクションを支える「きく」―

ラウンドテーブル
2010 長嶺倫子
鈴木由美子
「自分史を書く」クラスにおける「読み手」の役割 ラウンドテーブル
2010 小島祐子 学習者の体験に基づいた作文・読解の教室活動
―Language Experience Approach(LEA)を用いて―

ラウンドテーブル
2010 張珍華 ゼロビギナーを対象とした「総合活動型日本語教育」の試み
―会話を継続させる「問いかけ」に着目して―

ラウンドテーブル
2010 佐尾ちとせ 上級学習者を対象とした論文作成に必要な語彙指導
−学習者の主体的な学びの支援−

ラウンドテーブル
2010 宮侮オ湖
千田昭予
高山幸巳
津花知子
中山由佳
村上まさみ
ビジネスパーソンが書くことを通して学ぶ活動の意義
―初級日本語クラスのデザインと実践から―

ラウンドテーブル
2010 貞松明子 ニューカマーのための初級日本語集中講座 ラウンドテーブル
2010 渡部真由美 日本語ボランティア養成における協働,自発を目指す授業デザイン ラウンドテーブル
2010 久野由宇子 初級学習者同士の対話テスト
―協働的言語使用の促進を目指して―

ラウンドテーブル
2010 ノ田直美 学習者自身のコミュニケーション力評価に生かす自己評価・ピア評価の分析
―初級学習者に対するコミュニケーション活動の実践から―

ラウンドテーブル
2010 遠藤藍子
小熊貞子
田仲正江
ピア・サポートを活用した内省的実践とその効果
―「壁打ちモデル」による教師の自己研修―

ラウンドテーブル
2010 中野二郎 リズム記号の提示による長音の学習効果
―韓国語母語話者の漢字語発音を中心に―

ポスターセッション
2010 吉田好美 言い訳を使用した断り指導の実践報告 ポスターセッション
2010 瀬尾匡輝 海外でのTask-Based Language Teaching (TBLT)の試み
―社会人教育機関の初級クラスにおける実践―

ポスターセッション
2010 松井孝浩
中井雅也
小規模実践研究グループにおける実践の振り返り
―参加教師へのインタビュー調査分析から―

ポスターセッション
2009

石塚京子
上田安希子

西島道

学習目的の異なる学習者間での協働学習の可能性 ―外国人留学生と日本語教員養成課程履修学生との作文交流の実践を通して―

ラウンドテーブル
2009 飯島有美子

日本事情クラスにおけるドキュドラマの導入とその効果 ―社会問題への理解深化とレポート作成のための水路付け―

ラウンドテーブル
2009

要弥由美
中島祥子
吉里さち子

濱中誠

統計は怖くない!分析を前提としたアンケートとは? ―因子分析のための質問紙の作り方入門―

ラウンドテーブル
2009 松本順子

上級日本語クラスにおけるポートフォリオ評価の試み ―学びのプロセスを評価する―

ラウンドテーブル
2009 木村かおり

「書く」能力を評価する ―評価プロセスの見える評価を目指して―

ラウンドテーブル
2009 佐藤正則

協働的に学び合うための授業デザインとその改善 ―実践の更新を可能にするものは何か―

ラウンドテーブル
2009

木戸光子
西村よしみ
沖田弓子
杉浦千里
関裕子

ノ田直美

受動から自発へ「成長」するための「アカデミック・ジャパニーズ」 −1,2年次学部留学生対象の日本語日本事情科目の実践より−

ラウンドテーブル
2009

野畑理佳
和泉元千春

川嶋恵子

論理的表現力養成を目指したディスカッションクラスの試み ―初中級レベルを対象としたアカデミック・ジャパニーズ指導実践―

ラウンドテーブル
2009 岩田夏穂 大学の日本語教員養成課程の文法授業における留学生と日本人学生の協働学習の試み ラウンドテーブル
2009

市嶋典子
舘岡洋子
初見絵里花
広瀬和佳子

古屋憲章

ハイブリッドな学習コミュニティーにおける教育観・学習観の変容 ―クリティカル・リーディングの実践を通して―

ラウンドテーブル
2009

稲谷いく子

種村政男
仕事をする外国人をサポートするボランティアに求められるものは何か ―「仕事をする外国人をサポートするためのボランティア講座」の実践より― ラウンドテーブル
2009 杉浦千里 初級学習者の「話す力」を伸ばすための試み ポスターセッション
2009 羅曉勤

外国語学習環境における初中級の読解能力の向上に関する一考察 ―ピア・ラーニングを用いて―

ポスターセッション
2009

小笠恵美子
斉木ゆかり

高橋祐三

日本人学生と留学生合同の学部授業における取り組み ―討論活動を通した人間関係の形成と知識の構築を目指して―

ポスターセッション
2009 桟敷まゆみ

学習者のアカデミック・スキルを活用したプロジェクトワーク ―自律学習の契機とするために―

ポスターセッション
2009 石井怜子

解答時に本文テクストを参照しない読解授業の試み―表層的な理解から内容理解を目指した読みに転換するために―

ポスターセッション
2009

田中敦子

池田朋子

初級からの専門日本語教育の導入へ向けて―理工系学習者のためのシラバス・教材作成―

ポスターセッション
2009

佐藤綾

燒リ裕子
日本語教育実習における「異文化間能力」獲得に向けて ポスターセッション
2009

村上まさみ
寅丸真澄

森林謙

学習者の主体性を活性化する活動デザイン

−学習者が検討した「評価」の活動とその実際−
ポスターセッション
2009

白頭宏美

久保田美映
「自己分析シート」を用いた自己評価活動 ポスターセッション
2009 森田 衛

ピア・リーディングとピア・レスポンスの有機的なサイクルを目指して

―川柳を教材にした授業から見えてくるもの―
ポスターセッション
2009

小松奈々
福冨理恵
黄明淑

呉暁女ヨ

初中級学習者を対象としたあいづち指導―気づきを促す授業デザインの有効性―

ポスターセッション
2009

澤邉裕子

安井朱美

ブレインストーミングを促進するカードゲームの活用とその改善 −日本語教育現場での活用法−

ポスターセッション
2009 阿部祐子

共通課題の達成による留学生と日本人学生の親密化の深まり

―多文化クラスにおける地域参加の事例から―
ポスターセッション
2009

北井佐枝子

藤井陽子

ウチからソトへ発信する海外初級プロジェクトの実践

―ローカルガイドの執筆から,地域日本人への発信へ―
ポスターセッション
2009

遠藤藍子
小熊貞子

田仲正江
PAC分析を用いた教師の協働振り返り活動 ポスターセッション
2009

齋藤伸子
三宅若菜
福島智子
鈴木理子

今井美登里

実践を振り返るツールとしての年表

―学部留学生対象の自律学習コースの6年間の変遷とその理由を例に―
ポスターセッション
2008
杉本美穂
杉山ますよ
星暁子
TBLT(Task-based Language Teaching)による初級総合教材
―「店で身の回りの品を買う」―
ラウンドテーブル
2008
要弥由美
小澤伊久美
統計は怖くない! 図を見てわかる直感的統計分析
―論文理解のための構造方程式モデリング(SEM)入門
ラウンドテーブル
2008
向山陽子
村野節子
山辺真理子
留学生に対するビジネス日本語教育―ブリッジ人材育成の視点を取り入れたロールプレイ教材の開発と実践― ラウンドテーブル
2008
澤邉裕子
安井朱美
西浦和樹
ブレインストーミング促進用カードゲームを使用した日本語学習活動の可能性 ラウンドテーブル
2008
石井容子
熊野七絵
日本語・日本文化社会への気づきを促す「研修活動の記録」
―自律学習の意識化を目指して―
ラウンドテーブル
2008
菅原和夫
高橋澄子
学習者の自己評価を促すプロジェクト活動 ラウンドテーブル
2008
大場美和子 接触場面における問題の対応能力の育成をめざして
―日本人学部生に対する映像を利用した授業実践の分析―
ラウンドテーブル
2008
寅丸真澄 会話教育において「学習者主体」と「研究と実践の連携」を
実現する教材の可能性
―授業参加者の談話を教材として学習者のメタ認知力を
向上させる授業の提案―
ラウンドテーブル
2008
茂木真理
石原弘子
日本語支援から意味ある実践への拡張に向けて
―地域に開かれた日本語教室活動―
ラウンドテーブル
2008
古本裕美 留学生の対人関係に関する認識とスキルの変容過程 ラウンドテーブル
2008
古屋憲章
古賀和恵
活動型日本語クラスを学びが実感できる場とするために
―学習者トニーの事例にもとづく段階的な振り返りの提案
ラウンドテーブル
2008
大井裕子
阿部仁美
木元てる代
齋藤シゲミ
富田麻知子
宮崎聡子
プレゼンテーションソフトを活用した学習者の興味を引き付ける教材の作成とその共有 ラウンドテーブル
2008
金義泳
趙南星
田中祐輔
飯塚知子
川端祐一郎
海外における日本語読解教材の役割
―韓国人学習者のための読解教材の作成プロセスへの記述と共有―
ラウンドテーブル
2008
村上康代 理工系日本人学部生のための少人数演習日本語教育における実践
―口頭発表に対する質問をレポート作成に活かす―
ポスターセッション
2008
石鍋浩 医療分野専攻留学生のための専門漢字教材の開発 ポスターセッション
2008
松本浩史 米国人学生の文化理解能力を助長するための創造的な日本語教育の取り組み
―(第二言語・外国語としての)日本語講座,日本文化講座,及び日本留学プログラムを通しての実践の検証―
ポスターセッション
2008
鈴木美希
武田知子
Eメールでの作文添削パターンとフィードバック方法 ポスターセッション
2008
山本冴里 メモリーワーク
―協働での記憶分析によって,個人と社会の関係を探る
ポスターセッション
2008
中野二郎
大江淳子
リズム学習方法の教師間および教師・学習者間の共有による学習効果
―フィンガーアクションを使ったリズム指導を中心に―
ポスターセッション
2008
高橋薫
綱島珠美
村澤慶昭
ビジネス日本語専攻の大学院生を対象とした
協働的ライディング活動
―自ら考える力を育成するカリキュラム開発―
ポスターセッション
2008
内堀明 アクセント指導の一提案
―自律的学習を促すためのモニター力の養成法―
ポスターセッション
2008
舟橋宏代 ニュース視聴を主活動にした上級会話授業
―大学生として日常会話に参加するスキャフォールディング―
ポスターセッション
2008
鎌田倫子
渡部学
中河和子
理科系学習者のための科学的トピックによるフレーム教材の開発 ポスターセッション
2008
渡辺浩子 授業が教材を作る
―学習者の興味に合った旬の教材で会話授業を行うために―
ポスターセッション
2007
山田あき子
筒井由美子
後藤直美
佐々木信子
椿文緒
クラスおしゃべり型授業の提案
-学習者自身の想いや気持ちを表現させられる授業を目指して?
ワークショップ
2007
丸山千歌
小澤伊久美
日本語教育におけるPAC分析の可能性と課題
-読解教材を刺激とした留学生への実践研究から-
ワークショップ
2007
桑野幸子
佐藤五郎
新たな協働学習の試み
―群読活動の実践から―
ワークショップ
2007
渡辺浩子 機能シラバスの教材で学習者はどう動いたか
―韓国の日本語教育現場から-
ラウンドテーブル
2007
山本冴里 日本語教室を対象とした実践研究とは何か
―「内省」から見えてきたもの―
ラウンドテーブル
2007
武一美
市嶋典子
キムヨンナム
中山由佳
古屋憲章
活動型日本語教育における評価のあり方について考える ラウンドテーブル
2007
関真美子 初級レベルのビジターセッションにおける
学習者とビジターの「対等な関係」作り
―ビジターへの「働きかけ」の試み―
ラウンドテーブル
2007
菅原和夫
高橋澄子
発表内容充実の条件
―初級日本語学習者によるポスター発表活動において―
ラウンドテーブル
2007
小笠恵美子 初級作文授業における協働的な学習活動 ラウンドテーブル
2007
久野由宇子 ピア・ラーニングを取り入れて口頭表現力を伸ばす方法を探る
-「4コマ漫画のストーリーをピアに伝えるタスク」の試み-
ラウンドテーブル
2007
大山シアノ
齋藤仁志 
短期滞在学習者のためのコース改善と教材開発
-体験につながる学習を目指して-
ラウンドテーブル
2007
遠藤藍子 個人の研究発表能力育成に向けたグループ活動の意義
―ピア・ラーニングの視点からみえてくること―
ラウンドテーブル
2007
松本浩史 全学部生留学必修カリキュラムを有する米国大学での日本語教育実践の試み
―正確さと豊かさ両要因を備えたスピーキング能力養成過程の検証―
ポスターセッション
2007
古本裕美 相互理解の構築とメタ認知的活動の促進を目指した授業実践
-高等専門学校における日本語課外補講での試み-
ポスターセッション
2007
西山友恵 「漢字学習におけるピア・ティーチングの一考察」
― 学習者の学びのプロセスから漢字クラスのデザインと教師の役割を考える ―
ポスターセッション
2007
加藤みゆき ふれあいと自他発見を目指した教室活動の試み
-学習者の自発的な発話を促すために-
ポスターセッション
2006
藤川美穂
桑野幸子
大江淳子
大学協定校間における短期日本語研修
-「協学」を実践するための設計・評価・改善-
ラウンドテーブル
2006
久川伸子 「日本語観察レポート」という課題の分析及び授業改善の過程を振り返る ラウンドテーブル
2006
高橋澄子
菅原和夫
実践から実践研究へ
-授業実践と研究をつなぐための現場教師の試み-
ラウンドテーブル
2006
吉本惠子
大山シアノ
「わかる(理論)」と「できる(実践)」を
組み合わせた体験学習の試み
-学習者主体的に関われる教室環境の改善-
ラウンドテーブル
2006
ウォーカー泉 「形成的評価」の意義と課題
-会話指導に対する学習者の意識の変容をめぐって-
ラウンドテーブル
2006
伊勢みゆき ワークショップ型授業をスムースに行うために
-プロジェクトワークにおけるグルービングの重要性を考える-
ラウンドテーブル
2006
土屋真理子 形成的評価のプロセスを振り返ることによって見えてきたものとは
-教室授業の評価・改善の視点から-
ラウンドテーブル
2006
中嶋めぐみ
福谷正子
小山慎治
作文につなげる読解指導
-効果的な作文技能の指導に向けて-
ラウンドテーブル
2006
岩井朝乃
峯崎知子
上級会話授業における人的リソースの活用と留意点
-韓国で日本語母語話者との交流を取り入れた
ディスカッションの事例を中心に
ラウンドテーブル
2006
田中綾乃 ビジターセッション学習者と日本人協力者は本当に「話せた」か ラウンドテーブル
2006
斎藤智美 つながりのプラットフォームとしての教室 ラウンドテーブル
2006
清水知子
大場理恵子
異レベル・異クラスの学生を人的リソースと捉えた教室活動のデザイン ラウンドテーブル
2004
駒田朋子
津田彰子
読解の協同学習の特徴
-学習者はどう学んだか-
ラウンドテーブル
2006
鈴木秀明
松本順子
作文作成支援活動における日本語教師の役割を考える
-ラウンドテーブルのフィードバックをもとに-
ラウンドテーブル
2006
山本冴里 形成的評価の5W1H
-いつどこで、誰が誰/何を、どのように評価すると、どんなことが可能になるのか
ラウンドテーブル
2006
斉木ゆかり 形成的評価としての「名札シール」 ラウンドテーブル
2006
高宮優美
松本一美
川北園子
協働型アクション・リサーチによる教師の成長の可能性
-学習者との関わりから見えてきたもの-
ラウンドテーブル
2006
井上次夫 学習者の反応とその対処法について
-教師の成長という視点から-
ポスターセッション
2006
武田惠司 クラス通信における「教師が目指す教室」実践への試み
-学習者間の関係性構築を目指して-
ポスターセッション
2006
武田聡子
藤本かおる
eラーニング開発の基本理念と「中上級のための作文添削eラーニングの開設」経過報告 ポスターセッション
2006
櫻井直子 外国語学習のためのヨーロッパ共通参考枠組み:学習、教授、評価(CEF)を参考したカリキュラム・試験評価の再編成と日本語授業への応用 ポスターセッション
2006
広瀬研也

 教育実習が日本語教育に与える影響
-トルコ・チャナッカレ3月18日大学における教育実習を中心として

ポスターセッション
2006
西山友恵 「漢字クラスにおけるピア・ティーチング」 ポスターセッション
2006
徳弘康代 表出能力を伸ばす漢字語彙学習の実践 ポスターセッション
2006
上田美紀
渡辺民江
インターアクション場面における日本語使用の意識化の試み
-日記を用いたカンバセーション・パートナー活動記録の活用
ポスターセッション
2005
家根橋伸子 新しい教え方の導入をめぐる教師の実践研究
-アクション・リサーチとエスノグラフィーを用いた方法の有効性と課題
ポスターセッション
2005
渡辺浩子 大人数でレベルの差が大きいクラスでの日本語会話授業の試み
-韓国の日本語教育現場から-
ポスターセッション