日本語教師研修コース 本文へジャンプ


「日本語教師のためのOn-Line IT講座」(基礎編) 募集案内


 この講座は2002年度から毎年実施しており,国内外の様々な機関で教えている方々にご参加いただいております。参加者からは,教材・テスト作成が便利に,多彩になった,成績管理を効率的に行えるようになった,web関連の活用方法をいろいろ知ることができた,等の感想をいただいております。

 日本語教育におけるIT活用に関心のある方々,ぜひご参加くださいますようご案内いたします。 なお,この研修は国際交流基金の助成を得て行うものです。

Info 「基礎編」修了者対象の「日本語教師のためのOn-Line IT講座・活用編も募集中です。

●期 間: 2008年1月21日(月)〜3月28日(金)
(最長10週間。各受講者のペースにより短い場合もあります。)
●講座内容: ワープロ,表計算,ファイル形式の変換とデータの互換性,絵や写真のスキャニングと加工,文字認識(OCR),デジタルカメラと画像ファイル,インターネットへの接続方法に関する知識,電子メールとメーリングリスト,WWW上での情報収集とその情報の利用方法,基本的なWWWページの作成とサイトの開設,FTP,ソフトの選定と入手,周辺機器を含むハードウェアに関する知識(オプショナル:音声録音と音声ファイル,デジタルビデオと動画ファイル)
※講座内容がチェックできます。応募時の参考にしてください。
http://tell.fll.purdue.edu/hatasa/kurosio/NihongoIT2008.html
●講 師: 畑佐一味(米国 パデュー大学教授)
アシスタント講師:広谷真紀(ローズハルマン工科大学 助教授)
           福田真樹子(パデュー大学大学院)
●使用言語: 日本語
●使用テキスト: 『日本語教師のためのITリテラシー入門』畑佐一味 くろしお出版  \1,800+税
※できればこのテキストの内容を確かめたうえでお申し込みください。
※テキストは受講者自身で購入してください。
●参加条件: ・使用するパソコンがインターネットに接続していること。
・日本語環境が備わっていること。
・オペレーティング・システムの基本操作ができること。
・OS:Windows2000/XP,  Mac OS9 以降。
・使用ソフト:MS-Office2000以降を基本とする。
●講座の進め方及び修了認定:
(1)進め方: ・講師と受講者及び受講者間のやりとりは掲示板等により文字ベースで行います。
・基本的に1週間に1課のペースで進めます。
・練習問題をした後,各自作成した課題を添付書類で提出します。
(2)修了認定: ・修了の認定については,課されたタスクを達成したかどうかを確認して修了を認定します。
・具体的には受講者の作成したファイルやwebページにより確認します。
●定 員: 15〜20名
●受講料: 30,000円
●応募方法: 受講申込書に必要事項を記入し,メールに添付して12月20日(木)までに申し込んでください。
送付先:

メールの件名は『「On-Line IT講座」応募』としてください。
「11.自己診断テスト」の設問は,下記URLをご覧ください。
http://tell.fll.purdue.edu/hatasa/kurosio/selftest-j.html
申込書を審査の上、12月29日(土)までに参加の可否をメールで連絡します。
●問い合わせ先: 社団法人 日本語教育学会 教師研修委員会
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会新館2階
TEL:03-3262-4291 FAX:03-5216-7552
E-mail: