WS1
教材作成の手法を学ぶ
−分析から設計、そして評価まで−

「現在使用中の教材をより客観的に評価したい」、「学習者のニーズに合った主教材や副教材を作りたい」「日本語コース教材の作成を期待されているが、どこから手をつけてよいかわからない」、そんなあなたのアイディアやニーズを形にするためのノウハウが学べるワークショップです。

* 秋には、本研修に続く研修として、「教材作成と評価」ワークショップを、短期集中研修として実施する予定です。

(1) 目標
教材作成を進める上で必要な基礎知識と方法論を学ぶ。

(2) 内容
参加者は、グループに分かれ、あるコースのための教材作成に取り組むという課題を解決することを通じて、以下の知識と手法を身につけていきます。
 ● 教材作成に必要な理念
 ● 教材分析の観点・手法
 ● 教材シラバスの作成
 ● 課の構成作成(ユニットデザイン)
 ● 教授設計論(ID: Instructional Design)の考え方

(3)日程
 一日目
  教材作成に必要なことを整理する
  教授設計論について理解する
  教材分析(教材構造分析&教室活動分析) グループ作業
  シラバスと課構成の作成 グループ作業
 二日目
  シラバスと課構成の作成 グループ作業
  シラバスと課構成の発表&意見交換
  まとめ、振り返り

(4)参考文献
 ● 鈴木克明(2002)『教材設計マニュアル―独学を支援するために』北大路書房
 ● 小柳かおる(2004)『日本語教師のための新しい言語習得概論』スリーエーネットワーク
 ● 島田徳子・柴原智代(2005)「日本語教材作成のための三つの視点―教授設計論の適用、学習過程への注目、教室活動の分析指標―」『国際交流基金日本語教育紀要』1号 国際交流基金 53-67

(5) 定員:30名、日本語教育経験2年以上

*教材作成を実際に計画している、またはすでに着手している方々のグループ参加を奨励します。志望動機にグループ参加であることを明記してください。

(6) 講師:島田徳子、柴原智代(国際交流基金日本語国際センター専任講師)


以上