各ワークショップの詳細

WS1 「聴解を習得につなげる教室活動」
講師:横山紀子氏

教室外で自律的に学べる力を育てるために、「モニターする」「予測する」「推測する」などのストラテジーを積極的に導入した聴解指導について考えます。また、聴解を単なるメッセージの理解行為ではなく、言語習得の源泉であると捉え、理解から産出につなげることを意識して、多技能による教室活動を設計していきます。

<参考文献>
国際交流基金(横山紀子)『聞くことを教える』ひつじ書房
横山紀子『非母語話者日本語教師再教育における聴解指導に関する実証的研究』ひつじ書房




WS2 「アカデミックスキル養成のための教材と教室活動の工夫」
講師:二通信子氏・大島弥生氏

大学・大学院で必要とされるライティングやリーディングのスキルを養成するために、既成の教材や生教材をどう生かすか、それぞれの教材を使ってどのような教室活動ができるかについて考えていきます。また、ライティングのプロセスの訓練や、リーディングとライティングを組み合わせた活動についても具体的に検討し合います。

<参考文献>
二通信子・佐藤不二子『留学生のための論理的な文章の書き方〔改訂版〕』スリーエーネットワーク
大島弥生・池田玲子・大場理恵子・加納なおみ・高橋淑郎・岩田夏穂『ピアで学ぶ大学生の日本語表現』ひつじ書房


WS3 「教室と学習者の現実を結ぶ協働学習(ピア・ラーニング)のデザイン―対話による問題解決のための教室活動―」
講師:池田玲子氏   協力者:原田三千代氏・岩田夏穂氏

学習者自身が提起する話題を学習内容とし、日本語による協働的対話活動を通して問題解決のプロセスを共有する協働学習のデザインについて考えていきます。多様な文化・学習背景をもつ教室でのデザインや母語話者参加のデザインなど、ワークショップの各参加者の現場の状況をもとに、具体的、実践的なデザインを行い、みなで検討し合います。

<参考文献>
池田玲子・舘岡洋子『ピア・ラーニング入門』ひつじ書房
大島弥生・池田玲子・大場理恵子・加納なおみ・高橋淑郎・岩田夏穂『ピアで学ぶ大学生の日本語表現』ひつじ書房

合宿の案内ページへもどる