トップ > マイページ > 入会案内

入会案内

公益社団法人日本語教育学会の入会規則

※詳細は「会員に関する規程」及び「会員に関する細則」をご覧ください。

普通会員

  1. 普通会員は、この法人(以下「学会」という。)の目的である「日本語を第一言語としない者に対する日本語教育の研究促進と振興を図り、もって我が国の教育・学術の発展並びに我が国と諸外国との相互理解及び学術の交流に寄与する」(定款第3条)ことに賛同して入会する個人または法人とする。(定款第5条)
  2. 通会員になろうとする者は、所定の入会申込書を会長に提出し、理事会の承認を受けなければならない。(定款第6条)
  3. 理事会承認の通知を受けた者は、定款第7条に規定する入会金及び会費をすみやかに納入するものとする。入会金 5,000円 会費(年度額)10,000円
  4. 既納の入会金及び会費は返還しない。(「会員に関する規程」第5条3項及び「会員に関する細則」第4条)
  5. 普通会員の概ね100名の中から1名の割合をもって選出される代議員をもって、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」上の社員とする。代議員を選出するため、普通会員による代議員選挙を行う。

普通会員の特典……

  • ●学会誌『日本語教育』の無償提供
  • ●大会、研究集会等における会員料金での参加
  • ●(普通会員・個人)学会誌への投稿、大会、研究集会等における発表の機会
  • ●(普通会員・団体)当学会刊行物等への割引料金による広告掲載
  • ●その他会員向け日本語教育関係情報の提供

賛助会員

  1. 賛助会員は、学会の事業(定款第4条)を援助する個人又は法人とする。(定款第5条)
  2. 賛助会員になろうとする者は、所定の入会申込書を会長に提出し、理事会の承認を受けなければならない。(定款第6条)
    会費(年度額)1口 50,000円
  3. 理事会承認の通知を受けた者は、定款第7条に規定する会費をすみやかに納入するものとする。
  4. 既納の会費は返還しない。(「会員に関する規程」第5条3項及び「会員に関する細則」第4条)

賛助会員の特典……

  • ●学会誌『日本語教育』の無償提供
  • ●大会及びその際の懇親会への無料招待(詳細は「会員に関する細則」第6条(3)参照)
  • ●研究集会等における会員料金での参加
  • ●当学会刊行物等への割引料金による広告掲載
  • ●当学会メールマガジンへの情報掲載
  • ●その他会員向け日本語教育関係情報の提供

公益社団法人日本語教育学会の入会手続き

  1. 学会の目的に賛同し、入会をご希望の個人または法人は、所定の入会申込書により手続きをしていただきます。入会申込書をご希望の個人または法人は、下記のPDF形式の入会申込書をダウンロードしていただくか、入会申込書希望の旨を事務局まで、メール(kaiin@nkg.or.jp)または電話、FAX等でご連絡ください。こちらから、折り返し、申込書を送らせていただきます。
  2. 各申込者には、提出された入会申込が理事会で承認された上で、入会をお知らせいたします。
〒101-0065
東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会新館2F
公益社団法人  日本語教育学会
入会申込書希望
(電話 03-3262-4291 FAX 03-5216-7552 )

入会申込書の印刷と申し込みについて

入会申込書(PDFファイル)
種類 <普通会員>個人用 <普通会員>法人用 <賛助会員>用
ファイルサイズ 約115KB 約52KB 約52KB
  1. 上の表の文字をクリックすると「 日本語教育学会入会申込書<普通会員>個人用」か「同 法人用」、「賛助会員用」が表示されます。(表示されない場合は,Adobe Readerをインストールしてからご利用ください。)
  2. 電話などで接続されている方(ダイヤルアップ接続)はここで一旦回線を切断されることをお勧めします。A4判の紙をプリンタにセットして、個人用の場合は1頁(表面)と2頁(裏面)を、法人用、賛助会員用は1頁をそれぞれ印刷してください(できれば厚めの紙をお使いください)。
  3. 2.で印刷した入会申込書の所定欄にそれぞれ該当事項を記入してください。
  4. 3.の記入済みの入会申込書を長3型の定形封筒(120mm×235mm)に納め
    〒101-0065
    東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会新館2F
    公益社団法人  日本語教育学会
    入会申込書在中

    までお送りください。

  5. 各申込者には、提出された入会申込が理事会で承認された上で、入会をお知らせいたします。