トップ 「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和2年度改訂)」閣議決定(7月14日)

「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和2年度改訂)」閣議決定(7月14日)

2020年07月16日

第8回「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」(令和2年7月14日(火)開催)において、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和2年度改訂)」が決定されました。

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和2年度改訂)の概要【PDF】

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(令和2年度改訂)(本文)【PDF】

日本語教育に関する施策が盛り込まれています。
【参考】
3 生活者としての外国人に対する支援 
(3) 日本語教育の充実 (円滑なコミュニケーションの実現)
・「生活者としての外国人」に対する日本語教育の充実(地域における日本語教育環境を強化するため の総合的な体制整備 、 日本語教育の推進に関する法律に基づく地方公共団体の基本方針の作成の促進等
・日本語教室未設置の地域における日本語教室開設に向けた支援の強化
・日本語教師の資質・能力を証明する新たな資格である公認日本語教師(仮称)制度の整備
・外国人材との効果的なコミュニケーションを行う上でのポイントやその学ぶ手法の調査等
・日本語教育を行う機関のうち 、 日本語教育の水準の維持向上を図る上で必要な適格性を有するものに関する制度の整備の検討、検討結果に基づいた必要な措置の実施