トップ 2019-2020年度本学会常置委員会委員の公募について

2019-2020年度本学会常置委員会委員の公募について

2018年11月01日

                                           2018年11月1日

公益社団法人日本語教育学会
会員各位

                                     公益社団法人日本語教育学会
                                          会長 石井恵理子

 

            2019-2020年度本学会常置委員会委員の公募について

 

本学会は,2015年度より新生学会として事業、組織、財政にわたって数々の新しい試みに取り組んでまいりました。中でも事業については、「人をつなぎ、社会をつくる」を使命とした本学会の理念体系及び2015-2019年度事業5か年計画に基づき、日本語教育の学術研究・教育実践・情報交流という3本柱の下、9つの事業が編成され、各事業を所掌する委員会が活動を行っています。本学会の活動は、まさに委員会を構成する委員の皆様の多大なるご協力とご理解を得て成り立っています。

本学会では、委員の任期は1期2年(連続2期まで)であるところから、隔年で委員の改選を行っています。現委員の任期は2019年6月30日迄で、7月1日からの新委員の選出手続きを今年度内に実施するにあたって、委員改選の方法をあらためて見直すこととしました。

委員会活動をより広く会員の皆様に開いていくことを目的として、従来の各委員会による次期委員の推薦方式に加えて、この度、別紙の「公募に関するお知らせ」のとおり、各委員会の委員の公募をあわせて行うことにいたしました。

委員の任期は、2019年7月1日から2021年6月30日までの1期(2年間)です。各委員会によって公募したい人数、依頼したい業務内容、応募要件等が異なっておりますので、各事業の趣旨・目的及び委員会の業務内容をご確認の上、希望される委員会に是非ご応募いただきたくお願いいたします。新たなエネルギーとアイデアを本学会に送り込んでいただくことを心から願っております。

学会の委員会活動にまだ参加したことがない会員の皆様、あるいはまだ経験していない委員会の活動に参加してみたいと思われる会員の皆様、奮ってご応募いただきますよう、お願い申し上げます。                                                   以上   

公募に関するお知らせ

■各委員会の公募内容・応募用紙
 全委員会の公募内容一覧

 ●大会委員会  公募内容  応募用紙
 ●支部活動委員会  公募内容  応募用紙
 ●チャレンジ支援委員会  公募内容  応募用紙
 ●学会誌委員会  公募内容  応募用紙
 ●調査研究推進委員会  公募内容  応募用紙
 ●社会啓発委員会  公募内容  応募用紙
 ●国際連携委員会  公募内容  応募用紙
 ●学会連携委員会  公募内容  応募用紙
 ●広報委員会  公募内容  応募用紙